09-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>11-

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ニューカメラ調達アゲイン

2012-11-13
・・・・・・、てなワケ で、カメラ買いなおしました。

camera1.jpg

色違い・・・、ではなく、

Sony Cybershot DSC-WX50 → WX100 を購入。

パッと見はそっくりですが、WX100の方がちょっと上位機種になります。

 ・ 画素数:  1620万画素 → 1820万画素
 ・ ズーム倍率:5倍     → 10倍
 ・ 重量:   117g    → 124g

と、ビミョ~に違いますが、実はこのあたりにはあまり興味がなく・・・、
オートフォーカスや手振れ補正の性能がワンランク違う ようなので、ソコを重視しました。

WX50は、先日の 奈良マラソン試走トレ の際にイロイロ不具合があったんでネ・・・・。


実際の写真はこれからですが、とりあえず外観からアップグレードな点にフォーカス☆

<ボディ前面>
camera2.jpg

WX50は普通に塗装ですが、
camera3.jpg

WX100の方は細かくマシニング(切削)処理されてます。
コーキューカン があるのです

<バッテリー蓋>
camera4.jpg

これは個体差だったのかもしれませんが、50の方はロックが甘く開きやすい。
それにバッテリーを留めているロックも外れやすくて、蓋でバッテリーを押さえてる状態です。

camera5.jpg

WX100と比べると、50の方がロックの掛かりが浅いですね。
バッテリーハウジングのガタつきも50はやや大きい感じ。

実際、蓋を開けるとWX50の方はいつもこんな感じでバッテリーが飛び出てます。

camera6.jpg

値段は数千円高くなったけど、けっこうちゃんと造りが違ったりするんですね

今週末、ランのときに使ってみます

スポンサーサイト
カメラ | コメント:(0) | トラックバック:(0)

ニューカメラ調達☆

2012-11-03
どうもみなさんこんばんは。 とら。です。

明日は 『第二回FIAT & ABARTH 500 全国ミーティング 2012』 とか 『ぽかーんの集い』 とか、クルマ関係のイベントが目白押しなんですが、残念ながらどちらも参加できません。

12月9日の奈良マラソン のためのトレーニングで、本番と同じコースを(ちょっとショートカットで30キロあまり)走らなアカンのです。(*^_^*)

まだまだ不安がいっぱいですが、相方えど のほかにも会社の同僚の先輩ランナーが3人一緒なのでちょっと心強いんで、頑張ってこようと思います☆


*--------*

ところで、ランニング中の記録写真はこれまで、ダイビング用に買った Panasonic DMC-TZ30 を使ってたのですが、ちょっと大きすぎるってんで、コンパクトなのを調達しました。

SONY Sybershot TX10 もかなりコンパクトなのでそっちを使えるといいんですが、TX10は液晶モニターがタッチパネルになってて、ランニング中は片手操作なのでタッチパネルに触れずに操作できないんですね。

ということで、採用したのがコレ↓

P1140239.jpg

SONY Sybershot WX50

手持ちのコンデジたちと並べてみると、やはり一番コンパクト☆
PB032182.jpg

左から WX50、TX10、TZ30、LX3。

横から見ると、ボリュームの違いがわかります。
PB032183.jpg

ランニング中はやはり小さく軽いのがイイです。
TZ30を持って走ってるとけっこう疲れます。時々落とすし。(^_^;;;)

PB032186.jpg

WX50は重さも TZ30の半分強、携帯よりも軽いくらいなので助かります。

さっそく明日、試してきま~す☆
カメラ | コメント:(0) | トラックバック:(0)

ダイビング用カメラ2号

2012-06-29
梅雨明けしましたね~☆ 

沖縄地方が♪^-^

水中撮影用のニューウエポンも揃いましたよん

カメラ: Panasonic LUMIX DMC-TZ30

専用水中ハウジング: DMW-MCTZ30

水中ライト: INON LE700-S & ホルダー類


全部セットすると、こんな感じ☆
P1110463.jpg

SONY TX10 は、タッチパネル操作になっている関係で、水中では操作メニューがかなり制限されてしまっていたのですが、TZ30は全てのボタン、ダイヤルの操作が可能です!

P1110461.jpg

なので、ハウジングに入れたままでダイビング前後の水上の絵を撮る際にも適切な設定に合わせることが可能ってことです。

露出補正も、「方向キー(上)」+「右(+補正)」or「左(-補正)」で可能です。
P1110546.jpg

カナリ使いやすいですよ~!>ぎんがめさん ^-^♪


あと、TZ30に期待してるのは、広角撮影です。

水中では画角が3割以上も狭くなる ので、なるべく広角側に強いカメラを選ぶようにしておりました。
TX10も 25mm相当~の広角に期待してを選んでたんですが・・・。

実際に使ってみると、TX10は水中モードにすると、ナゼか画角が狭くなることがわかりました。



ね?ナンか変じゃないですか?
コレ、取説にもWebにも、どこにも載ってないんですよ。
静止画でも動画でも同じ現象が起こります。 正直、コレは残念。

一方、TZ30ですが、カタログスペック上では 24mm相当~で TX10とあまり変わりませんが、こちらは水中モードでも画角が変わりません。

通常モード
TZ30_normal.jpg

水中モード
TZ30_underwater.jpg


ふふふ、ちょっと期待してます。

さ、そろそろ用意しなきゃ!!
カメラ | コメント:(0) | トラックバック:(0)
 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。